読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドナルド・トランプに学ぶマーケティング戦略

 こんにちは、シドロモド郎です。

 ドナルド・トランプが次期アメリカ大統領に当選して久しいですね。ヒラリー・クリントンが勝利するであろうというマスコミの予測を裏切っての当選ということで、世界中に衝撃が走りました。ポリティカル・コレクトネスだとか、メディアの驕りだとか、さまざまな原因が指摘されていますが、そのうちの一つにトランプ陣営のマーケティング戦略の上手さがあると思います。彼らが実際に意識してこのような戦略を展開したのかは分かりませんが、とても効果的なものばかりです。

① 炎上させて広告費を節約

 トランプといえば、数々の過激な発言で有名です。移民の流入を防ぐためにメキシコに壁を作るとか、イスラム教徒を入国禁止にするだとか、滅茶苦茶なことを言っていましたね。当然、このようなことを言えば炎上しますが、これがトランプにとっては追い風でした。

 ひとたび炎上すれば、多くのメディアで連日取り上げられるようになり、否が応でも人々はトランプに関する情報に接触することになります。結果として、トランプは広告費を節約しながら認知度を獲得することができたのです。

② 自己資金だけで活動…他候補との差別化戦略

 アメリカの政治家は、企業などから支援を受けながら選挙活動を行うのが普通です。しかし、トランプだけは違いました。彼は自身が実業家であり、多くの資産を保有していたことから、選挙活動の費用のほとんどを自己資金で補いました。

 この差別化戦略と、前述の炎上マーケティングによって、トランプは自分自身を「圧力団体との癒着が無く、思ったことを正直に話す真っ直ぐな人間」に見立てることに成功しました。

③ 美人娘イヴァンカは広告塔として機能

 選挙の直前、トランプは過去行った女性蔑視発言を暴露されています。しかし、トランプにはイヴァンカという娘がいました。彼女は学生のときからファッションモデルとして活躍し、ペンシルバニア大学を卒業後は父親の会社に入社。彼女は、働く女性の理想像として機能し、美人であったことからトランプの女性蔑視発言を忘れさせるには十分な広告塔となりました。

 マーケティングには3つのBという概念があります。これは、Baby(幼児)、Beauty(美女)、Beast(動物)のことを指しており、広告効果を高める3要素として知られています。この3つのうちBeautyに当てはまるのが、イヴァンカでした。

 

 以上のように、トランプ陣営の戦略はマーケティングの視点から見ても合理的なものでした。また、群集心理の視点から見ても見事です。人は、理屈よりも感情を優先させて動いてしまうものなので、感情に訴えかけるトランプの演説は、さぞ大衆を熱狂させたことでしょう。今後はトランプ大統領の動きに要注目です。